「日本国には麗しき酒文化あり」

一般社団法人 日本の酒

わが国の誇るべき醸造文化を称え,その伝統を広く深く永く伝えるために,

2015年8月24日愛酒の日に設立いたしました。

 醸造蔵の存続は日本国民にとって喫緊の課題であるとの認識に立ち、大学内外で学生への啓蒙活動など様々なアプローチをしつつ情熱を傾けてまいりましたが個人での活動には様々なハードルがあり、この度「文化の伝承」の志を同じくする者で社団法人を設立いたしました。

慶びの日,そして哀しみの時にもその昔から,日本酒は私たちの日常に寄り添ってきた我が国が誇る酒であり「御神酒」,「清酒」という名があらわすように,日本古来の神聖なる酒でございます。
当法人は,日本で醸されてきた酒の深く多彩な味わい,その歴史的・民族的背景,文化的所産である日本の酒の総てを,子々孫々まで繋げていくための支援を行います。

 日本酒をはじめとして日本国内で醸されている日本の酒は,私たち日本人の食生活に相応しいもの。特に日本酒は米由来の酒であり,和食のみならず,各国の多様な食文化へも寄り添うことは疑いようがなく,本法人は,その無限の可能性を信じており,日本国民の誇る醸造文化やそれにまつわる食文化を,広く海外にも紹介していきたいと考えております。

 

「日本国には麗しき酒文化あり」
まだまだ,小さな一歩かもしれませんが,日本酒の可能性を信じ,我々の想いをひとつの共鳴に変え,学生, そして醸造蔵元の皆様とともに大いなる一歩として踏み出してまいりたいと思います。

 日本酒を国民の日常の食卓に,そして世界中のテーブルに日本の酒が並ぶことを応援していく所存でございます。

今後とも変わらぬご指導を頂戴いたしたく,心よりお願い申し上げます。
2015年8月24日 愛酒の日

一般社団法人 日本の酒 

理事長 高橋 さとみ